銀行カードローンと消費者金融のメリット・デメリット

カードローンは、どうしてもお金を用意しなければならない時や、新しい事業を行う資金源として貸付を行う時に最適なサービスです。

審査に通れば返済計画を立てて、希望額のお金を借りる事が出来ます。

この記事では銀行カードローンと、消費者金融の紹介からそれぞれのメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

銀行カードローンとは?

銀行カードローンとは審査に通れば、無担保でお金を借りられるサービスであり、銀行では、カードローン以外にも住宅ローンなども組む事が可能です。

カードローンなら、借入枠を設定し、自分のタイミングで上限まで借り入れを行う事ができる契約なので、1つの契約で何度でも借り入れ可能です。

住宅ローンは基本的に一つの契約であり、決めた金額を1度だけ借り入れできます。

追加でお金が必要になったら、あらためて審査を受ける必要があります。

消費者金融とは?

キャッシングの方法として、銀行カードローンとは違い消費者金融があります。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは基本のサービスには、大きな違いはなく、貸主の業態によって、銀行系と消費者金融系とに区別されています。

銀行系カードローンと消費者金融のそれぞれの違いは?

消費者金融の最大の特徴は、融資までの圧倒的なスピードです。

最短30分で審査結果が出て、合計1時間程で借り入れも可能です。

それに対し銀行カードローンは、消費者金融に比べて審査に時間がかかることがあります。

しかし、多くの場合は1日から長くても1週間ほどで可能なためそれほどの時間はかかりません。

銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンは総量規制がなく、自由な希望額で借り入れが可能です。

総量規制とは、一社に限らず、借り入れ総額を年収の1/3までに制限する規制であり、貸金業法で定められています。

消費者金融は貸金業法の適用を受けるので、総量規制の対象となりますが、銀行系カードローンの場合、この貸金業法は適応外となります。

そのため、安定した収入さえあれば、希望額に制限なく相談する事ができます。

借り入れ限度額が大きい

借入限度額が大きいのも銀行カードローンのメリットであり、平均して500万円~800万円ほどまで可能です。

独立開業資金や、事業開拓などでの多額の出費が必要な場合でも銀行カードローンなら借り入れを行う事が出来ます。

金利が消費者金融と比べて低い

銀行カードローンは審査が慎重な分、審査通過後の金利が低い事が特徴です。

消費者金融では、金利の幅が3.0%〜最大18.0%に対し、3.0%〜最大でも14%程になっています。

また、キャンペーンなどで店頭で契約成立した際に大幅に金利が低くなる事もあり、借り入れ後の負担が少ない事もあります。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンのデメリットとして、融資までに時間がかかることがあり、即日の融資を希望している人には向いてません。

また、審査も厳しいことから、今すぐにお金を借りたいと思い審査を待ってみても審査落ちしてしまう事がとても多いです。

消費者金融のメリット

消費者金融のメリットは、何と言っても融資までのスピード速さと、比較的簡単に審査が通る事です。

ある程度安定した収入さえあれば、20歳以上の全ての方が審査対象であり、雇用形態などに影響されません。

身内や職場の人にバレずに借りれる

消費者金融の多くは、Webで手続きが完結出来るサービスがあり、身内や職場にバレる事がまずありません。

カードレスのキャッシングなら郵送をすることもないので、借り入れを行なったものがバレるきっかけもなく借り入れが完了できます。

口座開設が不要

消費者金融は少額貸付サービスであることから、口座開設の必要がありません。

振込での対応をして欲しくない場合でも、専用のカードを発行する事も出来るため、銀行キャッシュカードに履歴を残さずに取引を行えます。

審査通過率が圧倒的に高い

消費者金融で融資を希望する方の多くは、資金不足による緊急的な資金確保にあるため、審査がとても優しいです。

基本的な身分証明と、安定した収入を持った勤務先の情報さえあれば審査通過率はとても高いです。

また、即時融資を行なっていることから審査基準となる条件も非常に優しいため、過去に金融トラブルを起こしていたり、虚偽の報告さえしなければ問題なく通過できると思います。

消費者金融のデメリット

消費者金融での借り入れのデメリットは何といっても金利の高さにあります。

一般的なカードローンの場合だと最大で14%ほどであるところ、消費者金融では最大18%ととても高いため、30万円以上の借り入れには注意が必要です。

住宅ローンなどの審査に影響が出る

住宅ローンは金利の高い消費者金融を利用していると、審査に通りづらくなることがあります。

住宅ローンは、審査の際に返済能力を一番に慎重に調査します。

金融機関からの借入状況は、すべて個人信用情報機関に登録されているため、消費者金融から頻繁にお金を借りていると、住宅ローンを組んだ後の返済に対してのマイナスイメージを与えてしまいます。

将来的に住宅ローンを考えている方は、注意しましょう。

遅延損害金がとても高い

返済を延滞してしまうと、遅延損害金が発生し、延滞元金×遅延損害金利率÷365日×延滞日数分の返済を次回返済時行うことになります。

また、督促状などが郵送で送られてくることで、身内に消費者金融で借りている事がバレてしまうことなどトラブルに繋がってしまいます。

おすすめのカードローンは?

銀行カードローンと消費者金融カードローンそれぞれの特徴やメリット・デメリットなどを紹介させて頂きました。

では、以上の点を踏まえた上で最後におすすめのカードローンを紹介したいと思います。

おすすめは『三井住友カードローン』

三井住友カードローンは、大手銀行カードローンとして様々な融資を行なっている低金利かつ、豊富なサービスからとてもおすすめできるカードローンです。

大手ならではの安心・安全なカードローンによる融資を受ける事ができます。

年利が低い

三井住友カードローンの年利は4.0%~年14.5%と、とても低いです。

さらに限度額も最大800万円であることから、総量規制に制限されることなく目的に合わせた借り入れを行う事ができます。

身内にバレずに契約可能

三井住友カードローンの審査はWebで完結する審査と無人機での契約方法があるため、身内や会社にバレる事なく融資を受ける事ができます。

また、専用のキャッシュカードを発行する事で、見た目上、借り入れを行なっているカードとは思われないため安心です。

残高スライド方式で自分のペースで返せる

残高スライド方式は、毎月定額で最低額を返済していくやり方です。

借り入れ総額が多いほど、最終的に返す金額は大きくなってしまいますが、返せる時は返し、難しい時は定額で返すなど、自分の状況に合わせた方法で返済が可能です。

まとめ

今回は銀行カードローンと消費者金融カードローンのメリット・デメリットとおすすめカードローンについて紹介させていただきました。

お金に困っていても、どうやって身内にバレずに借りるか悩んでいる方でもWeb完結で誰にもバレずに融資ができるため、緊急時の融資や目的にあった借り入れを行う事が出来ます。

・即日融資が可能

・Web完結で誰にもバレない

・銀行カードローンは金利が低い

・審査は厳しいけど、サービスが豊富

この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。