銀行カードローンと消費者金融のメリット・デメリット

カードローンは、どうしてもお金を用意しなければならない時や、個人事業主など開業資金や仕事をする上で必要な準備をするために大きな出費が必要な場合があります。

自分で稼げる資金にも限界はあります。

新しいことを始める時や、お金に余裕がない時にはカードローンというサービスで融資を受ける事ができます。

この記事では、代表的な銀行系カードローンと消費者金融について詳しく紹介していきます。

銀行カードローンと消費者金融はどう違う?

カードローンは銀行や消費者金融など、利用者の信用をもとに顧客の代わりに支払いを立て替え、指定期日までに代金を支払ってもらう事で、現金がなくても商品や支払いをカードで行う事ができるサービスです。

それぞれの事業者ごとに、審査条件や貸付の条件などが違うため、お金を借りるという点では同じですが、自分の状況次第で様々な貸付方法を選ぶ事が大切です。

総量規制による貸付限度額が決まっている

利用者の収入や、利用する背景に信用があるからといっても希望額の通りに貸付を行うことはできません。

総量規制とは、貸付希望を行う顧客の年収から3分の1までしか貸付を行う事ができず、希望者が、返済を滞ることなく必要最低限の暮らしを行える最低金額として年収の3分の1までという金額が設定されており、このことを総量規制と言います。

無理な返済計画から完済が出来ず、利用者の信用を守るためにとったルールでもあり、この総量規制がある限り、定められた金額以上の貸付を受けることは原則的出来ません。

銀行カードローンの特徴

銀行や金融機関が発行しているカードローンを、俗に銀行系カードローンと呼びます。

地方銀行やネット銀行でも、発行を行なっている事業者が多く総量規制がないことから、開業資金や大きな貸付を希望する人に多く利用されています。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行カードローンの特徴は、一般的な貸付で定められている年収に基づく総量規制の対象外であることです。

そのため、目的に応じて年収以上の貸付を受ける事も可能であり、新しい事業開拓や開業資金として多額のローンを組む事も可能です。

銀行カードローンのメリット

前述の通り総量規制による制限がないため、希望額が年収で左右される事がありません。

その分、審査は厳しいものになってしまいますが、目的を持った借り入れ理由と安定した収入があれば問題なく、融資を受けられる可能性が上がります。

銀行カードローンのデメリット

銀行系カードローンは、審査が厳しく申し込みをした本人に、安定した収入がないとなかなか審査が通りません。

ここでいう安定した収入とは、毎月の収入に不安定がなく、一定額での収入が必要ということです。既に個人事業主として活動している人の場合、毎月の収入が安定していたとしても事業形態によっては非常に審査に通りにくいという欠点があります。

逆に収入面が安定しているのであれば、正社員、契約社員でもアルバイトや派遣社員でも審査に通る可能性は高いということになります。

消費者金融の特徴

消費者金融とは、一般の個人に対して貸付を行う業者のことで小口資金として貸付を行うサービスです。

小口資金となりますので、緊急的な出費に伴う一時的な資金不足を解消するためや、通院など生活が困窮してしまった理由から貸付を希望する人へ向けて最短当日貸付などを行なっている事業者もあります。

小口資金となるため、そこまで大きな貸付金額を希望することは難しいですが、数万円程度の貸付だった場合、20歳を超えていれば学生アルバイトでも、フリーターでも貸付の相談ができます。

消費者金融のメリット

銀行系カードローンと消費者金融の大きな違いは、融資までのスピードが桁外れに違います。

カードローンを使う人の多くの理由として、緊急的に資金の準備をしたい人が多いため、消費者金融の融資の速さはとても助けになります。

審査も通りやすく、収入の少ないアルバイトやパートでも継続的に収入が入っていれば安定していなくても借りれる場合があります。

返済サイクルの自由度も高く、多くの場合貸付を受けた日から、35日以内に最低金額を支払うというルールになっており、余裕がある時は多く支払い、支払いが難しい場合決められた最低額を支払えばまた、その日から35日後までに支払うというサイクルになります。

消費者金融は最短当日融資が可能

消費者金融の多くは、電話やWeb完結で行う事ができ最短当日融資が出来ることもあります。また、無人機による融資対応も可能なため、どうしてもバレたくない事情がある場合でも簡単に借り入れを行う事ができます。

消費者金融は、今すぐお金を借りたいという時にとてもおすすめのサービスです。

消費者金融のデメリット

消費者金融での借り入れのデメリットは何といっても金利の高さにあります。

一般的なカードローンの場合だと高くても14%、消費者金融では18%近いものが多いです。

金利が18%の場合、10万円借り入れした場合には総額返済額は11万8,000円にもなってしまいます。

返済計画をしっかりと立てた上で借り入れをしましょう。

利息が高い

初めて借りる際には年率17%以上になってしまうことが大半でとても利息が高いです。

少額の貸付であればそれほど大きな額にはなりませんが、30万円を超えるような融資にはあまり向いていません。

遅延損害金がとても高い

仮に返済を延滞してしまうと、とても高い遅延損害金を支払うことになってしまいます。

遅延損害金の算出は、延滞元金×遅延損害金利率÷365日×延滞日数となっており、借り入れしている金額が高ければ高いほど、延滞日数に応じて取り返しがつかないことになってしまったりします。

おすすめカードローンは?

銀行系カードローンと消費者金融のそれぞれの特徴を説明しましたが、緊急的な出費があった時でも消費者金融では、即日で借り入れを受けられる事がわかりました。

最後におすすめのカードローンを紹介したいと思います。

消費者金融の大手『プロミス』

プロミスは大手消費者金融であることから、安心と信頼がとても高いです。また、Webで完結出来ることから同居人に知られることなく借り入れが可能です。

プロミスをおすすめする理由

プロミスはカードレスでキャッシングを行う事ができます。

カード発行がなく、審査も圧倒的に早いことから、最短1時間で借り入れする事も可能です。

即日で融資が必要な事情がある方や、消費者金融で迷ったらまず、プロミスで相談することをおすすめします。

20歳以上であれば借り入れ可能

プロミスは20歳以上であれば正社員、アルバイトなど雇用形態を問わず安定した継続的な収入さえあれば誰でも借りる事ができます。

返済方法も豊富

プロミスの返済方法は下記の通りです。

・インターネット返済

・口座振替

・銀行振込

・プロミスと提携されているATM

・コンビニの専用端末

・プロミス専用ATM

返済方法も豊富なため、特別な事情がある方でも色々な方法で返済が可能です。

まとめ

今回は銀行系カードローンと消費者金融のカードローンそれぞれのメリット・デメリットについて紹介させていただきました。

事情があってどうしても家族に知られたくない場合でもプロミスであれば、Web完結で当日融資を受ける事も可能です。

・即日融資が可能

・Web完結で誰にもバレない

・豊富な返済方法で安心できる

・業界大手で安心

この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。