銀行カードローンと消費者金融のメリット・デメリット

カードローンは、どうしてもお金を用意しなければならない時や、個人事業主など開業資金や仕事をす上で必要な準備資金を揃えるには大きな出費になってしまいます。

ある程度の条件をクリアしていれば、カードローンを組んでお金を借りる事が出来ます。

今回は、お金を借りる時によく利用される銀行カードローンと、消費者金融の紹介、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

銀行カードローンと消費者金融の違い

カードローンは銀行や消費者金融など、様々な事業者が貸付を行うサービスであり、顧客の信用をもとに資金を立て替え、決められた日までに契約した顧客に代金の請求を行うサービスです。

それぞれの事業者ごとにサービス内容や貸付の条件、そしてお得なポイント制度など異なります。

数多くの事業者の中から、自分が求めている最適なサービスを行なっているカードローン会社を選ぶ事をおすすめします。

貸付には総量規制がある

総量規制とは、貸付希望を行う顧客の収入に基づき審査を行う制度のことで、一般的に年収の3分の1までの貸付しか行えません。

例えば年収が300万円の会社員だった場合、貸付件数に関わらず、貸付総額が100万円までしか行えないということになります。

この総量規制を行う理由としては、貸付希望者が、返済を滞ることなく必要最低限の暮らしを行える最低金額として年収の3分の1までの金額が設定されています。

銀行カードローンの特徴

銀行や金融機関が発行しているカードローンを、俗に銀行系カードローンと呼びます。

地方銀行やネット銀行でも、発行を行なっている事業者が多く総量規制がないことから、開業資金や大きな貸付を希望する人に多く利用されています。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンは前述の通り総量規制による制限がありません。

大きな資金が必要になった時や、仕事で稼いだお金とは別の目的で利用したい時でも。多目的ローン(フリーローン)というサービスがあるため、遊びや旅行など目的に理由なく使うこともできます。

少額の借り入れから、大きな借り入れまで幅広く対応してくれるメリットがあります。

銀行カードローンのデメリット

銀行系カードローンは、審査が厳しく申し込みをした本人に、安定した収入がないとなかなか審査が通りません。

ここでいう安定した収入とは、毎月の収入に不安定がなく、一定額での収入が必要ということです。既に個人事業主として活動している人の場合、毎月の収入が安定していたとしても事業形態によっては非常に審査に通りにくいという欠点があります。

逆に収入面が安定しているのであれば、正社員、契約社員でもアルバイトや派遣社員でも審査に通る可能性は高いということになります。

消費者金融の特徴

消費者金融とは、一般の個人に対して貸付を行う業者のことで小口資金として貸付を行うサービスです。

小口資金となりますので、緊急的な出費に伴う一時的な資金不足を解消するためや、通院など生活が困窮してしまった理由から貸付を希望する人へ向けて最短当日貸付などを行なっている事業者もあります。

小口資金となるため、そこまで大きな貸付金額を希望することは難しいですが、数万円程度の貸付だった場合、20歳を超えていれば学生アルバイトでも、フリーターでも貸付の相談ができます。

消費者金融のメリット

銀行系カードローンと消費者金融の大きな違いは、融資までのスピードが桁外れに違います。

カードローンを使う人の多くの理由として、緊急的に資金の準備をしたい人が多いため、消費者金融の融資の速さはとても助けになります。

審査も通りやすく、収入の少ないアルバイトやパートでも継続的に収入が入っていれば安定していなくても借りれる場合があります。

返済サイクルの自由度も高く、多くの場合貸付を受けた日から、35日以内に最低金額を支払うというルールになっており、余裕がある時は多く支払い、支払いが難しい場合決められた最低額を支払えばまた、その日から35日後までに支払うというサイクルになります。

消費者金融の融資スピード

消費者金融の多くは、電話やWeb完結で行う事が出来、最短当日融資が出来ることもあります。

また、無人機による融資対応も可能で、家族や同居人にどうしてもバレたくない事情がある場合でも無人機完結で契約ができその場でお金を受け取る事ができます。

消費者金融のデメリット

消費者金融での借り入れのデメリットは何といっても金利の高さにあります。

一般的なカードローンの場合だと高くても14%ほどであるところ、消費者金融では18%近いものが多いです。

金利が18%の場合、10万円借り入れした場合には総額返済額は11万8,000円にもなってしまいます。

比較的審査も簡単に通ってしまう事から、安易に借りてしまい返済を滞らせてしまうと大変です。返済計画をしっかりと立てて選びましょう。

安易に借りれることから危険意識が低くなってしまう

消費者金融は前述の通り審査が通りやすく、簡単に借りれてしまいます。

難しい手続きもなく、電話やWebで出来てしまうことから「お金を借りる」ということに対しての危険意識が薄れてしまい、うっかり延滞してしまったり、いつまでも借り入れを続けてしまい、高い利息を払い続けてしまうということになりかねません。

遅延損害金がとても高い

仮に返済を延滞してしまうと、とても高い遅延損害金を支払うことになってしまいます。

遅延損害金の算出は、延滞元金×遅延損害金利率÷365日×延滞日数となっており、借り入れしている金額が高ければ高いほど、延滞日数に応じて取り返しがつかないことになってしまったりします。

おすすめカードローンを紹介

銀行系カードローンと消費者金融のそれぞれの特徴を説明しましたが、緊急的な出費があった時でも消費者金融では、即日で借り入れを受けられる事がわかりました。

最後におすすめのカードローンを紹介したいと思います。

初めてのカードローンでも『SMBCモビット』

SMBCモビットは大手銀行である、三井住友銀行グループの消費者金融であり、Webで完結出来ることや郵送物が一切ないことから同居人に知られることなく借り入れができます。

SMBCモビットの数多くのメリット

SMBCモビットは融資可能かどうかを簡単に調べる事ができる10秒簡易審査が出来ます。

少ない入力項目で即時審査が可能なので、急ぎの借り入れでもすぐに結果を知る事ができます。

振込キャッシングは手数料なし

振込キャッシングによるキャッシング手数料は、全てSMBCモビットが負担します。

また、自動引き落とし手数料も三井住友銀行と三菱UFJ銀行だと手数料がかからないため、口座振替で返済する場合はおすすめです。

Web完結なら職場への確認もなし

Web完結の場合、借り入れからお金の振込まで全てオンライン完結できる事から、郵送物も職場への確認も全てないため、特別な事情がある方にとてもおすすめできるカードローンです。

まとめ

今回は銀行系カードローンと消費者金融のカードローンそれぞれのメリット・デメリットについて紹介させていただきました。

お金を借りるということにマイナスな理由を持っている人や、どうしても即日で融資を受けたい、特別な事情があって同居人や会社に知られたくないという方でも、SMBCモビットであれば、Web完結で当日融資を受ける事も可能です。

・即日融資が可能

・Web完結で誰にもバレない

・振込キャッシング無料

・10秒簡易審査で事前に審査が可能

この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。