少しでも多く借りられる状況を作りたい!借入限度額での比較(モビット)

どうしてもお金が足りない!

何かを始めるのに資金が必要だけれど、手元にあるお金では不足している!

そんな時に、金融機関でのお金の調達、中でも銀行での個人対象のカードローンや、消費者金融の利用を検討されたことのある方は多いと思います。

ですが、お金の貸し出しを行なっている会社も様々です。CMなどの広告で色々な名前は知っているけれど、実際にはどこがいいのか、お金に関することだけに失敗はしたくない、という気持ちになるのは当然ですよね。

そして、選ぶときのポイントとして、少しでも多く借りられるところ、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、みなさんもよく目にするメジャーな消費者金融にしぼって、どのくらい借りることができるのか=借入限度額を含めた比較をご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

SMBCモビット

金利 借入限度額
3.00〜18.00% 1万〜800万円

SMBCモビットは、大手都市銀行「三井住友銀行」系列の消費者金融です。

営業開始は2000年、その後三井住友銀行が資本参入し現在に至ります。

店舗への来店を省略しすべての手続きをWEBで完結できるサービスや、ローンカードの現物を発行せず代わりにスマートフォンを使用できるようにするなど、先進的なサービスを取り入れている点も大きな特徴です。

すべてがWEBで完結できる点のメリットについては、後ほどご説明いたします!

2018年には、オリコン顧客満足度ランキングで、ノンバンクカードローンランキングの1位に輝きました。

アイフル

金利 借入限度額
3.00〜18.00% 1万〜800万円

アイフルの特徴の一つは「独立系消費者金融」という点です。

今現在のメジャーな消費者金融は、大手銀行の資本が入っていることがほとんどです。かつて乱立していた消費者金融業者は、法改正などで経営が難しくなり、廃業や、大手銀行の下となったりするところがほとんどでした。その一方でアイフルは、大手銀行の資本を入れずに廃業ラッシュの時代を乗り切り、なおかつ大手の位置を保っている珍しい存在です。

そのため、親会社の意向に影響されない、独自の審査が可能であると言われています。

もちろんこれは、審査に通りやすいという意味ではないので、ご注意ください!

プロミス

金利 借入限度額
4.50〜17.80% 1万〜500万円

プロミスも、SMBCと同様、三井住友銀行の系列の消費者金融です。

金利と借入限度額だけ見ると、先の二社が同じ内容であったのに対し、どちらも差があることがわかります。

少額の融資については、金利が少し低めに設定されていますね。

さらに大きな特徴は、無利息期間の設定について。

消費者金融のうたい文句として、○○日間、無利息!というものを目にしたことがある方も多いと思います。

これらの多くは、「契約日翌日から」なのに対し、プロミスの場合、「初回借入日翌日から」と設定されています。

つまり、契約だけしたけれど、今お金を借りる必要がないなあ…という場合に、他のサービスであれば契約から1ヶ月後の利用では無利息が適用されませんが、プロミスの場合は適用されるということになります。

カード発行がなく、審査が非常に早いのも特徴です。

知っておかなければいけない「総量規制」

簡単に、各消費者金融の特徴をご紹介いたしました。

借入限度額だけ見ていくと、プロミスがここで紹介した他の2社よりも300万円低いので、その点が気になる方もいらっしゃるかもしれません。

では、たとえば借入限度額の上限が800万円の業者を選択したら、希望すれば800万円まで借りることができるのか?というと、そんなことはないので注意が必要です。

ここで知っておかなければいけないのが、「総量規制」という制度です。

これは、一言で説明すると、「貸金業者による貸し付けは、借りる人の年収の3分の1をこえてはいけません」という法律上の制限です。

ニュースなどでも取り上げられたため、目にした方もいると思いますが、以前、複数の業者から借り入れを重ね、自分の返済能力をこえた負債を抱えてしまい、結果返済もできなくなってしまう多重債務者の存在が問題となったことがありました。

このような事態の改善のため、貸金業法という、個人を対象とした消費者金融やクレジットカード会社の取引についての法律が改善され、盛り込まれた項目が総量規制なのです。

ここまでで紹介した各社からの借り入れも、この総量規制の対象になります。

つまり、単純に計算すると、借入限度額の上限が800万円だとして、上限ぎりぎりまで借りるとなると、年収はその3倍である2400万円が必要ということになります。

さらに、実際に借りることのできる額は、個人の信用状況…年収だけではなく過去の借入・返済状況や就業状況などによって異なってきます。

各会社が提示している借入限度額の上限まで、初回でいきなり借りることはなかなかできないということは、認識しておく必要があります。

「在籍確認」のない「SMBCモビット」がオススメ!

お金を借りる先を選ぶ際のポイントとして、借入限度額の比較だけでは決定打になりにくいということはお分かりいただけたのではないでしょうか。

選ぶ際には、そのほかの点で比較していくいことが重要になってきます。

でも、金利も似たり寄ったりだしなあ…という方におすすめしたいのが、「SMBCモビット」です。

SMBCモビットの大きな特徴は、申し込みの全ての流れをWEBで完結できるという点です。

様々な手続きがインターネットで完結できる昨今、珍しくないことのように聞こえるかもしれません。

ですが、お金の貸付に関しては個人の信用がとても大切であり、虚偽の状況申告を防ぐため、諸々の手続きはWEBから行えたとしても、最終的に、勤務先として登録された番号に電話をして、本当にこの人は会社に勤めているのかを確認する「在籍確認」を行うところが多いのです。

それによって、勤めている会社などに、この人はお金を借りようとしている…ということが、発覚してしまうケースは多々あります。

貸し付けを行う会社側も配慮して、社名を名乗らないなどの対応はしてくれます。

ですが、やはり、不自然さはぬぐいきれませんよね。

実際、在籍確認の電話が心理的ハードルになって借り入れの申し込みをためらうという方は多数いらっしゃいます。

そんな方に、在籍確認なしですべてWEBで完結できるのは大きなメリットとなるでしょう。

なお、SMBCモビットの申し込みですべてをWEBで完結させるためには、以下の条件を満たしていることが必要です。

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに、SMBCモビット申し込みと同じ本人名義の口座を持っていること

・社会保険証または組合保険証を持っていること

まとめ

主な消費者金融の簡単な特徴と、借入限度額の前提となる総量規制についてのご説明をさせていただきました。

一時の消費者金融業者の廃業・大手への吸収ラッシュや、イメージ悪化の時代を経て、今は各社ともサービスやタッチポイントのクオリティ改善によるお客様満足度の向上、CMなどを通じた好感度の向上に力を入れています。

そのため、利用する側にとっては、どこが自分にとってベストなサービスなのか、選びづらい状況であると言えるかもしれません。

ですが、一つ一つのサイトなどをチェックして、違いを見つけていくのも大変ですよね。

この記事が、皆さまのより良い生活のお役に立てれば幸いです!