友人・知人の体験談を聞いてみた!(消費者金融編・プロミス)

消費者金融を利用するにあたって、どこの消費者金融からお金を借り入れるかを悩む人も多いはずです。

多くの人は、借り入れ審査が早いことや金利が低いことを重視して消費者金融を選んでいますが、消費者金融を選ぶうえで知名度も重視すべき点です。

いざお金を借り入れるとなると借り入れ方法や返済方法など様々な不安がありますが、大手消費者金融であれば明確に提示されているため分かりやすいのがメリットです。また、大手だからこその安心感があります。

消費者金融の大手の中でも、アコム・アイフル・プロミスは知名度が高いと言えます。しかし、知名度の高い3社の中でもどこから借り入れすべきか悩む人も多いでしょう。

そこで、実際にこれらの消費者金融からお金を借り入れた経験がある友人に体験談を聞いてみました。これから消費者金融の利用を考えているのであれば、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

アコムを使った人の体験談

楽天銀行に口座を持っている私にとって、もっとも使いやすいと感じたのはアコムです。アコムは楽天銀行への振り込みであれば平日だけでなく土日祝日も24時間対応可能で、しかも最短1分で振り込みが完了します。

アコムを利用するのであれば、ネットから申し込みをした後に自動契約機に行くことをおすすめします。自動契約機に行けばカード発行が可能となり、自宅にカードが郵送されることがありません。

郵便物が届くことで家族にバレるのが心配な人でも、上記の方法なら安心してアコムの借り入れを利用できます。

アコムの利用を考えているのであれば、まずは事前に借り入れが可能かをチェックできる3秒診断を行いましょう。簡単に借り入れ診断ができるため、申し込む前にチェックしてみましょう。

アコムの金利は年3.0%から18.0%となっていますが、はじめての利用の場合は18.0%の金利になることが多いようです。これは、はじめてアコムを利用する場合の借り入れ限度額が50万円以下になることがほとんどだからです。

高額の借り入れをする場合には低い金利が適用されますが、多くの場合は上限金利の18.0%が適用されます。年18.0%の金利は決して安くはありませんが、この数値は消費者金融の金利の平均です。

そのため、どの消費者金融を利用するにしても大体18.0%の金利がかかると考えておきましょう。アコムは、楽天銀行に口座を持っている人や、家族にバレずに消費者金融を利用したい人におすすめです。

アイフルを使った人の体験談

なるべく早くお金を借り入れたい状況だったため、アイフルを選びました。アイフルにはお急ぎ専用のフリーダイヤルがあるのが魅力です。

ネットから申し込みをした後にお急ぎ専用のフリーダイヤルに電話をかければ、優先的に審査を行ってくれます。お急ぎ専用フリーダイヤルに電話することで通常よりもはやく審査結果が届くため、この点はアイフルならではの特徴です。

また、女性にとって消費者金融は利用しにくいイメージがありますが、アイフルには女性専用のフリーダイヤルも設けられています。

女性オペレーターが対応してくれるため、はじめて消費者金融を利用する女性でも安心して申し込みを進めることができます。

アイフルの金利は年3.0%から18.0%に設定されています。はじめての借り入れでは10万円から50万円程度の借り入れとなることがほとんどなので、適用される金利は18.0%になります。これは消費者金融の年金利の平均と言える値です。

アイフルでは返済期日が2パターンあり、約定日制かサイクル制から選択できます。約定日制は毎月の返済日を自分で決めて返済します。

サイクル制は返済をした翌日から35日後が次の返済日になる仕組みです。35日周期で返済日になるため、毎月返済日が異なります。

サイクル制の方が返済の猶予はありますが、毎月返済日が決まっている約定日制の方が返済が滞りにくいと言えます。そのため、私は約定日制で返済をしていました。

上記のことから、アイフルは消費者金融をはじめて利用する女性や、返済方法を自分で決めたい人におすすめです。

プロミスを使った人の体験談

24時間いつでも利用しやすいことが決め手となり、プロミスを選びました。プロミスは24時間利用できる銀行口座があれば、時間帯に関係なく最短10秒で銀行口座にお金が振り込まれるのが魅力です。

24時間利用可能な銀行口座は、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行です。これらの銀行口座を持っているならば、消費者金融の中でも特にプロミスが使いやすいと思います。

ちなみに、上記以外の銀行口座でも、平日の9時から14時50分までに手続きをすれば即日借り入れが可能です。

また、プロミスはカードを作らずに借り入れができるのも大きな魅力です。カードを見られることで借り入れが周囲にバレるパターンも多いため、カードレスでの利用はたいへん便利です。

カードがなければプロミスからの郵便物が届くこともないため、郵便物から消費者金融の利用がバレることもないでしょう。プロミスは、家族にバレないように消費者金融を利用したい人におすすめです。

ちなみに、カードなしで利用するのであれば借り入れ方法は銀行口座への振り込みとなり、返済方法も銀行口座振替のみとなります。

プロミスの金利は年4.5%から17.8%です。大手消費者金融の中でも、下限金利が高く上限金利が低いのがプロミスの特徴です。はじめて利用するなら多くの場合は上限金利が適用となるため、注視したいのは下限金利ではなく上限金利です。

具体的な差としては、アコムやアイフルの上限金利は年18.0%ですので、0.2%の差があります。たった0.2%の差ですが、利息として払う金額が少なくなるのは消費者金融選びをする中でかなり魅力的に感じました。

プロミスは、なるべく低い金利でお金を借り入れたい人におすすめです。通常の営業時間外の利用が多い人もプロミスなら利用しやすいでしょう。

金利で比較するとプロミスがおすすめ

消費者金融の借り入れについて、友人の体験談をもとにアコム・アイフル・プロミスの3社を比較しました。3社には共通する特徴も多く、どの消費者金融を選ぶか悩みがちです。以下が3社に共通する特徴です。

1. どの消費者金融でも審査は最短で30分で結果が出る

2. 3社すべて最大で30日間の無利息期間がある

3. 安定した収入があることが条件(専業主婦は借り入れできない)

自分が持っている銀行口座によって使い勝手も変わりますが、3社を金利で比較するのであればプロミスがもっともおすすめです。

借り入れ限度額 年金利
アコム 800万円 3.0%~18.0%
アイフル 800万円 3.0%~18.0%
プロミス 500万円 4.5%~17.8%

上記の表のとおり3社の借入限度額を比較すると、アコムとアイフルが800万円、プロミスが500万円となっています。

借入限度額が高いと金利の下限が低くなるのがメリットではありますが、借り入れの際には上限金利が適用になることがほとんどです。そのため、金利の下限ではなく上限を比較しましょう。

年金利の上限はプロミスが17.8%ともっとも低くなっています。年金利0.2%の差は微々たるものかも知れませんが、少しでも金利を抑えて返済の負担を減らしたい人にとっては大きな差です。特に返済期間が長くなると利息の支払額にも差が出るため、金利が低いプロミスの利用をおすすめします。