急にお金が必要!最速でお金を借りるには

急にお金が必要になり、困った経験のある方がいるのではないでしょうか。最速でお金を借りるには、プロミスの当日融資がおすすめです。プロミスの当日融資を受けられるまでの流れやポイントをご紹介しますので、気になる方は見てみてくださいね。

プロミスで当日融資を受けるポイント

プロミスはどの金融機関よりも融資を受けるまでの時間が短いという魅力がありますが、スムーズに融資を受けるためには、把握しておくべきポイントがあります。

プロミスで当日融資を受けるポイントをご紹介しますので、チェックしてみてください。

プロミスで即日融資を受けられる時間帯を確認する

プロミスは、申し込み方法により、即日融資を受けられる時間帯が異なるため、事前に確認しておくことが大切です。特に便利なのがウェブ申し込みで、24時間インターネットから申し込むことができます。

しかし、カード発行か振り込みかによって締切時間が異なるため、注意が必要です。申し込み方法としては、ウェブ申し込み以外にも、店頭窓口での申し込み、電話申し込み、自動契約機や三井住友銀行(SMBC)ローン契約機を使った申し込みがあります。

郵送申し込みも方法としてはありますが、即日融資はできません。以下に申し込み方法と利用可能時間帯をご紹介します。

申し込み方法 利用可能時間帯
Web申し込み 振り込みかカード発行かで締め切り時間は異なるため注意。インターネットでは24時間申し込み可能
店頭窓口 平日の10:00~18:00
店舗により営業時間や休日が異なる
電話申し込み 9:00-22:00まで受付しており、フリーコールでの申し込み
自動契約機 基本的に9:00~22:00
一部21時となっているケースあり
三井住友銀行(SMBC)ローン契約機 基本的に9:00~21:00
契約機により営業時間や休日が異なる

審査の時間帯を考慮する必要あり

プロミスは即日融資可能で、どの金融機関より速いのが魅力です。しかし、審査に通るというのが大前提となります。審査の時間を考慮し、早めに申し込むことが大切です。

プロミスの審査内容

プロミスでは、本人情報の確認、提出書類の確認、勤務先への在籍確認、信用情報機関の照会により、審査を行っています。

申し込み時、氏名、生年月日、住所、勤務先、他社への借入れ状況などを申告します。プロミス側としては、本人申告情報をそのまま信じるのではなく、確認作業を行います。

審査自体は通常30分~40分程度で終わります。早い場合は、申し込み時に本人確認書類などを提出して審査を受けることで、30分後にはお金を借りることが可能となります。

カードは自動契約機で受け取るのが早いでしょう。しかし、審査の時間は人それぞれ異なりますし、勤務先への在籍確認がスムーズにできない場合や、書類に不備がある場合は時間がかかります。

申し込み締め切り時間は申し込み方法により様々ですが、勤務先への在籍確認の時間などを考慮すると、早めに申し込みを開始するのがおすすめです。受付可能時間内に審査が終了しない場合、即日融資は不可となります。

プロミスの「瞬フリ」はどの金融機関よりも融資が速い

プロミスの振込融資を利用するのであれば、「瞬フリ」がおすすめです。「瞬フリ」は24時間振込可能なサービスです。

24時間振込可能な金融機関に口座を持っていることが条件とはなりますが、「瞬フリ」を利用すれば即日プロミスからの振込を受けることができます。「瞬フリ」を利用すれば、土日でも深夜でも最短10秒という驚きの速さで借り入れ可能です。

24時間振込可能な金融機関の口座が必要

可能な限り早く融資を受けたい場合、プロミスの「瞬フリ」を利用するのがおすすめです。「瞬フリ」であれば、土日、祝日、深夜など時間帯を問わずに10秒程度で振込を完了させることができます。

24時間振込可能な金融機関の例として、三井住友銀行がありますが、サービス停止期間もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

一般口座へ振込する場合は平日2時までの契約が必要

一般口座へ振込融資を希望する場合、平日2時までの契約が必要です。審査、在籍確認も完了させる必要があるため、即日融資を希望する場合は早めに申し込みましょう。

プロミスの当日融資を受けられるまでの流れ

プロミスの当日融資を受けられるまでの流れをご紹介します。スムーズに融資を受けるための重要な情報がありますので、手順を確認してみてくださいね。

必要書類を揃える

プロミスで当日融資を受ける場合、書類を不備なく揃えることが必須となります。申し込み時に必要な書類としては、運転免許証、パスポート、健康保険証と住民票などの本人確認書類があります。

運転免許証もしくはパスポートがあればスムーズですが、どちらもない場合は健康保険証と住民票の両方を揃える必要があります。住所が変更となった場合、必要書類が増えるため注意が必要です。

本人確認書類に記載されている住所と、現住所が異なる場合は、国税または地方税の領収書もしくは納税証明書、社会保険料の領収書、公共料金の領収書、住民票の写しのいずれかが必要となります。

いずれも発行日から6か月以内である必要があるので、準備しておきましょう。また、借入れ額が50万円を超える場合や他社の借入れ金額の合計が百万円以上となる場合、収入証明書が必要となります。

収入証明書としては、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、給与明細書のいずれかです。給与明細書に関しては、直近2ヶ月分と1年分の賞与明細書が必要です。

年収の3分の1までしか借りられないという総量規制が法律で定められているので、収入証明書の準備とともに、借入額の調整をする必要があります。

勤務先への在籍確認の電話連絡を受ける

書類提出後は、プロミスが審査を開始します。その過程で勤務先への在籍確認が行われます。在籍確認の方法は電話連絡で、プロミススタッフが会社に「○○さんはいらっしゃいますか?」という趣旨の電話をかけます。

職場に電話がつながり、在籍確認ができれば終了となりますが、電話がつながらない場合は手続きを進めることができません。

特に土日祝日や夜間に申し込みをして当日融資を受けたいと考えている場合、職場に電話がつながらないケースがあります。

夜間帯に職場に個人名での電話がかかってくると、不審に思われ在籍確認がスムーズにできないケースもあるので、在籍確認の時間を考慮し、早めに申し込む必要があります。

自動契約機でカードを受け取る

プロミスへの申し込み方法は様々ですが、即日融資でお金を借りるには、インターネットで申し込みし、審査通過後に自動契約機でカードを受け取るというのが早いです。

自動契約機に行けない事情がある場合は、「瞬フリ」を利用することで、即日融資を受けることができます。

しかし、「瞬フリ」を利用するためには、24時間振込可能な金融機関の銀行口座を持っておく必要があります。審査通過後のことも考え、事前に準備しておきましょう。

プロミスでは即日融資が可能!

プロミスは融資までの時間がどの金融機関よりも速いですし、他の金融機関より、夜間審査時間が長いです。また、土日祝日も審査を行っているので、急にお金が必要になった場合、最速でお金を借りることができます。

書類の提出、勤務先への在籍確認が必須となるので、スムーズに申し込めるよう準備を進めることが大切です。