バンクイック 実際に使ってみた!けど、、

カードローンを利用する際、どの銀行のカードローンを選択すべきか迷いますよね。バンクイックは宣伝がよくありますし、一見金利が安く見えますが、実際にはそうでもないケースがあります。

銀行のカードローンを利用する際は、特徴を把握し、総合的に判断する必要があります。今回はバンクイックと、おすすめする三井住友銀行のカードローンの特徴をご紹介します。

バンクイックを実際に使ってみた!

バンクイックを実際に使ってみました。バンクイックを利用したいと考えている方は、事前に特徴を知っておくことが大切です。バンクイックについてご紹介します。

バンクイックの金利

バンクイックの金利は、年1.8%~14.6%となっています。融資額に応じて、金利が決まります。融資額が低い場合は、一見金利が安く見えるだけというケースもあるので、融資額と照らし合わせて確認する必要があります。カードローンの金利に関しては、最大金利で比較するのが安心です。

最低返済額は1,000円と低い

バンクイックでの最低返済額は、借入残高によって変わります。最低返済額は1,000円~と定められています。

返済額が少ないと、完済するまでに時間がかかりすぎますが、月々の負担を抑えたい方にとっては良いでしょう。

全国のATMが手数料無料で利用可能

カードローンの利用を検討している方は、可能な限り早く借りたいというケースが多いです。

バンクイックで利用可能なATMとしては、三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATMなどがあります。手数料無料で借り入れや返済ができますし、コンビニであれば24時間利用可能です。

バンクイックの限度額は低め

カードローンに関しては、限度額の確認が必要です。定められた限度額内で自由に借り入れする形となります。バンクイックの限度額は10万円~500万円と設定されています。

最大500万円というのは、銀行のカードローンとしては少ないでしょう。500万円以上の額をカードローンで借りる場合は、バンクイックは不向きです。

バンクイックには無利息期間はない

バンクイックに関しては、無利息期間はありません。無利息サービスを行っている金融機関であれば、利息を大幅に抑えることができるので、低金利のカードローンよりもお得になるケースがあります。

しかし、借入れ期間によっても変わってくるので、事前にシミュレーションしておく必要があるでしょう。

銀行カードローンの中で審査スピードが速い

カードローンは、お金に困った際に早く借入れができるので、急な出費に対応する際に非常に便利です。

カードローンの利用を検討している方は、早めに融資したいというケースが多いですが、基本的に銀行カードローンは即日融資が不可となっています。

しかし、バンクイックは銀行カードローンの中では審査スピードが速いので、スピード重視の方におすすめです。

バンクイックでのキャッシングは向き、不向きがある

バンクイックは宣伝をよくされており、金利が低めに設定されてはありますが、最大金利を比較すると、他の銀行カードローンの方がお得に利用できるケースがあります。

バンクイックは審査のスピードが速く、月々の返済金額が少ないという特徴があります。提携先のATM利用手数料は無料なので、長期返済となっても安心でしょう。無利息サービスは取り扱っておらず、在籍確認は必ず必要となっています。

バンクイックが向いている人

長期借入れの予定がある場合、急いで銀行カードローンを利用したい方にはバンクイックが向いています。利用限度額が最大500万円なので、その範囲で収まる必要があります。

バンクイックに適していない人

バンクイックは金利が一見低いように見えますが、最大金利は他の銀行より高めとなっているので、融資額が低い場合はそれほどお得ではありません。

申し込み時、在籍確認は必須で、書類での代用は不可なので面倒に感じる方もいます。

三井住友銀行の利用がおすすめ!

三井住友銀行は日本のメガバンクの一つですが、非常にバランスの取れた使いやすいカードローンのサービスを行っています。

カードローンを利用するのであれば、三井住友銀行がおすすめです。三井住友銀行のカードローンの特徴をご紹介しますので、気になる方はチェックしてみてください。

三井住友銀行のカードローンの金利は低めの設定

三井住友銀行のカードローンは融資額に応じて金利が異なります。融資額が100万円以下であれば金利は年12.0%~14.5%、100万円以上であれば年10.0%~12.0%です。

バンクイックの金利は、年1.8%~14.6%となっていますし、よく宣伝もされているので、低金利と感じる方が多いですが、融資額など総合的に考えると、三井住友銀行のカードローンの金利の方が低くなるケースが多いです。

申し込み時の口座開設は不要

三井住友銀行の場合は、カードローン申し込み時に口座開設は不要というメリットがあります。申し込み時に口座開設が必要になると、近くに店舗がない場合に、なかなか申し込みを進めることができません。

三井住友銀行のカードローンは、申し込み段階では銀行口座の開設が不要なので、早めに手続きを開始することができます。実際に利用する際は口座開設が必要となります。

三井住友銀行のカードローンは利便性が高い

三井住友銀行の場合、審査に通るまでのハードルは高めですが、審査を通過するとキャッシュカードのみで借入れできるようになります。カードローンの申し込み、契約を全てウェブ上で完結できるので、忙しい方でも便利です。

ゆうちょATM、提携コンビニATMの手数料不要

ゆうちょATM、提携コンビニATMを利用して毎月の返済をする場合、手数料がかかると出費がかさんでしまいます。

三井住友銀行のカードローンを利用している場合、ゆうちょATM、提携コンビニATMの手数料は原則無料です。

カードの種類によって例外はあるので、事前に確認しておくのが良いでしょう。提携ATMの手数料が無料という三井住友銀行は使いやすいです。

三井住友銀行のカードローンのメリット、デメリット

三井住友銀行のカードローンは評判が良いですが、メリット、デメリットがそれぞれあります。人によって重視するポイントは様々なので、特徴を事前にチェックしておきましょう。

三井住友銀行のカードローンのメリット

三井住友銀行のカードローンはメガバンクということもあり、金利が低めとなっています。融資額によっては、バンクイックよりもお得に利用できます。

また、バンクイックにも当てはまりますが、提携ATMの利用手数料が無料なので、無駄な出費を抑えることができます。コンビニATMも利用可能なので、急な出費にもすぐに対応できます。

三井住友銀行のカードローンのデメリット

三井住友銀行のカードローンは、安定した収入の有無が最重要視されます。専業主婦や無職の方は、返済能力が確認できないため、利用不可となっています。審査にも時間がかかるため、急いでいる場合は困るケースがあるでしょう。

カードローンを利用するなら三井住友銀行のカードローンが魅力的!

三井住友銀行のカードローンは、他の銀行と異なる大きな特徴があるわけではないですが、非常にバランスの良い利用しやすいカードローンです。

審査に通りにくいというのが気になる方はいますが、大きなデメリットはありません。また、金利を重視する方が多いですが、よく宣伝されているバンクイックと比較しても、融資額によってはお得になります。低金利でカードローンを利用したい方は、一度シミュレーションしてみると良いでしょう。