クイックパワー 実際に使ってみた!けど、、

カードローンをどの銀行で利用するか悩んでいる方は多いですよね。クイックパワーを実際に使ってみましたが、やっぱり使うならメガバンク系、中でもおすすめは三井住友銀行です。クイックパワーと、おすすめする三井住友銀行のカードローンについて、特徴をご紹介します。

クイックパワーを実際に使ってみた!

クイックパワーは千葉銀行が取り扱うカードローンです。クイックパワーを実際に使ってみた私が、クイックパワーの特徴をご紹介します。カードローン選びで迷っている方は見てみてください。

千葉銀行のクイックパワーの金利は平均的

千葉銀行のクイックパワーの金利は1.7%~14.8%となっています。下限金利は低く設定されてありますが、よく適応される上限金利は14.8%で地方銀行としては平均的です。

即日融資は受けられない

急いでお金が必要という方は、即日融資を受けられるカードローンに魅力を感じますよね。しかし、クイックパワーでは即日融資を受けることができません。審査には原則2、3日かかってしまいます。

居住地域制限あり

クイックパワーを利用できるのは、千葉県、東京都など、指定された地域に住んでいる方のみです。

一度契約さえすれば全国のコンビニなどから利用することができますが、地域制限に引っかかった場合は、全国から申し込みできる銀行カードローンがおすすめです。

家族に利用がばれてしまう

クイックパワーを利用した場合、契約時の郵送物と、年2回の利用明細書が送付されます。家族に隠して借り入れしたいと考えている方にとっては、クイックパワーは適さないでしょう。

千葉銀行の口座があれば、書類送付を省略できる

千葉銀行は、本人確認を口座情報で行うことができます。そのため、千葉銀行に口座があれば、本人確認書類の提出が不要です。

また、収入証明書に関しては、銀行から要請された場合に提出する必要があります。勤務先への在籍確認は、千葉銀行の判断となります。

専業主婦でも利用可能

クイックパワーは、専業主婦の方でも申し込むことが可能ですが、配偶者に安定収入があることを証明する必要があります。

配偶者に関して、正社員でなくても、安定した収入があれば申し込み可能です。大手銀行のカードローンは、専業主婦不可となっているケースが多いので、専業主婦申し込み可能というのは、使いやすいと感じる方が多いです。

クイックパワーのメリット、デメリット

千葉銀行のカードローンであるクイックパワーにはメリット、デメリットがあります。クイックパワーを実際に使ってみましたが、事前に特徴を知っておかなければ、戸惑うケースがあります。クイックパワーのメリット、デメリットをご紹介します。

クイックパワーのメリット

クイックパワーは、上限金利が14.8%となっているため、消費者金融と比較すると低金利です。審査がそれほど厳しくないので、専業主婦の方でも利用可能です。

毎月の返済額を少なめに設定できるので、返済時に楽に感じる方が多いです。7時~23時と相談ダイヤルの営業時間が長いので、利用しやすくなっています。

クイックパワーのデメリット

クイックパワーを利用する場合は、千葉銀行の口座開設が必須となります。口座開設から開始する場合、融資を得るまでに1週間~10日程度かかる可能性があります。急いで融資を受けたい方にとっては使いにくいでしょう。

カードローンを利用するなら三井住友銀行がおすすめ!

カードローンを利用する際、メガバンクが望ましいというイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。

三井住友銀行はメガバンクの一つといえる銀行です。プロミス、モビットなどと同じSMBCグループである三井住友銀行のカードローンの特徴をご紹介しますので、気になる方は見てみてください。

三井住友銀行のカードローンの金利は低め

三井住友銀行のカードローンは、融資額により異なり、100万円以下の場合12.0%~14.5%、100万円以上の場合10.0%~12.0%です。

千葉銀行のクイックパワーの金利は1.7%~14.8%なので、融資額によってどちらがお得かは異なります。

申込み時は口座開設の必要なし

クイックパワーは、本人確認を口座情報で行います。クイックパワーは口座開設をカードローン申し込み時にする必要がありますが、三井住友銀行の場合は口座開設が不要です。

契約時は口座開設をしておく必要がありますが、申し込み時に口座開設が不要というのは、時間的にも手間的にも非常にメリットが大きいです。

三井住友銀行のカードローンは利用に便利

三井住友銀行のカードローンは、申し込みから契約までウェブ上で完結することができます。また、キャッシュカードのみでの借り入れも可能です。

ゆうちょATM、提携コンビニATMの手数料は三井住友銀行のカードローンを利用している場合原則無料というのも魅力の一つです。

毎月の支払いで手数料が必要となると大きな出費になります。ATMからの返済をする頻度が高い方は、三井住友銀行が良いでしょう。

三井住友銀行のカードローンのメリット、デメリット

三井住友銀行のカードローンは多くの方に利用されていますが、利用する前にメリット、デメリットを確認しておくのがおすすめです。

クイックパワーと比較し、メリット、デメリットをご紹介しますのでぜひチェックしてみてください。

三井住友銀行のカードローンのメリット

クイックパワーは、提携ATMの利用が有料です。毎月の利用で手数料がかかるのは、大きな出費になります。一方、三井住友銀行のカードローンの場合、提携ATMの利用が無料です。

夜間も手数料無料でコンビニATMを利用することができます。

三井住友銀行のカードローンのデメリット

三井住友銀行のカードローンは、安定した収入があるかどうかの判断が厳しいので、クイックパワーと比較し、審査に通りにくいというデメリットがあります。

クイックパワーは専業主婦でも利用できますが、三井住友銀行のカードローンは専業主婦や無職の方は利用することができません。

三井住友銀行のカードローンの審査に通るために!

三井住友銀行のカードローンがおすすめですが、審査に通らなければ利用することができません。誰でも審査に通るというわけではないですが、審査に通るためには、いくつかポイントがあります。三井住友銀行の利用を検討している場合は、チェックしてみてください。

利用額の設定は重要なポイント

利用額が高額になると、審査に通りにくくなります。年収の3分の1以内を目安に、審査に申し込むのが良いでしょう。

また、支払に滞りがあると、審査時不利になります。個人信用情報を照会し、支払い状況を確認しておくのがおすすめです。

申し込み事項を正確に記入する

年収、他社の借入れ状況に関しては、正確に記入することが大切です。虚偽の記載をすると、発覚した場合に審査に通る可能性が低くなります。記入漏れ、記入間違いがないことを十分に確認するようにしましょう。

三井住友銀行のカードローンは万人うけしやすい

三井住友銀行のカードローンは、大きな特徴があるわけではないですが、バランスの取れた万人うけしやすいカードローンです。初めてカードローンを利用するという場合も、使いやすくなっています。

実際にクイックパワーを使ってみましたが、ATM手数料、金利を考慮すると、三井住友銀行の方が使いやすいという印象です。

利用する場合は、審査に通るよう入念な準備をしておくことが大切です。