転職を考えていてお金が必要?借りるなら辞める前に!

転職を考えていてお金が必要という方がいるのではないでしょうか。転職直後はお金を借りる際、圧倒的に不利になります。お金が必要であることが事前に分かっているのであれば、辞める前に借りるのがおすすめです。

辞める前にお金を借りた方が良い理由、転職前と直後で借りられる金額の違いなど、詳細をご紹介します。転職と、それに伴うお金の確保で悩んでいる方はぜひ見てみてくださいね。

転職前にお金を借りた方が良い理由

転職を考えていてまとまったお金が必要と言う場合は、前職を辞める前にお金を借りるのがおすすめです。その理由としては様々ですが、一番の理由は、勤続年数が多い会社に勤めている方が、収入が安定していることを証明しやすいためです。

転職前にお金を借りた方が良い理由の詳細をご紹介しますので、お金を借りることに関して悩んでいる方はチェックしてみてください。

勤続年数が多い方が審査に通りやすい

お金を借りる際の審査の基準の一つとして、勤続年数があります。お金を貸す側としては、返済が途絶えるということを避けたいため、安定した収入の有無が最重要ポイントとなります。

転職を繰り返している人よりも同じ会社で勤続年数が長い人の方が、収入が安定していると判断されます。転職した場合、転職直後は信頼度が低いため審査に通りにくくなります。年収が低い会社であっても、勤続年数が多い方が有利になります。

失業期間があるのはリスクが高い

転職する場合、すぐに仕事が見つかれば良いですが、場合によっては失業期間が生じます。失業期間は収入がないため、貯金が不十分な場合は生活が苦しくなります。

無職の状態ではお金を借りられない可能性が高いので、転職前にお金を借りておくのが安心です。すぐに借りる必要がない場合は、融資枠を取っておくと良いでしょう。

収入証明書類の提出時に不利になる

金融機関によるため、全てのケースに当てはまるわけではないですが、お金を借りる際に収入証明書の提示が必要となるケースがあります。

自営業以外の場合、収入証明書は直近の2か月分の源泉徴収票もしくは給与明細書の写しとなります。

転職直後は、提出分の源泉徴収票もしくは給与明細書は前職のものとなりますが、勤務先は転職後の会社名が表示されます。お金を借りる際に転職直後ということが分かってしまうので、不利になりやすいのです。

転職直後は在籍確認の電話で不利になる可能性あり

お金を借りる際やカードローンを契約する場合、勤務先での在籍確認が行われるケースがあります。勤務先への電話は個人名となりますが、お金を借りるための審査ということは伝えられません。

しかし、転職直後に電話が外部からかかってくると、不審に思われて追及されるケースがあります。

また、転職直後に会社内で認知されておらず、「○○はおりません。」と返答されてしまうケースがまれにあります。在籍確認がスムーズにできない場合、お金を借りる際に不利になるので注意が必要です。

いざというときに備えるのであれば転職前のカードローン契約がおすすめ

お金が必要ということが現時点で分かっている場合は、転職前にお金を借りるのが良いですが、すぐには借りる予定がないというケースもありますよね。

今お金が必要というわけではないけれど、いざという時に備えたいという場合は、転職前にカードローンを契約するのがおすすめです。

カードローンに関しては、契約のみであれば費用はかかりません。

転職活動中にお金が必要となった場合に、焦らずに済むでしょう。

転職前と直後では借りられる金額が異なる

転職前と直後では借りられる金額が異なります。

高額なお金が必要な場合は、転職前に借りるのがおすすめです。

金融機関や審査基準によっても異なるためあくまで目安となりますが、転職前と転職直後で借りられる金額の相場をご紹介します。

お金を借りる際の参考にしてみてください。

H3:転職前は50万円が相場

年収が200万円~300万円の場合、借りられる金額の相場は50万円程度です。

金融機関、審査方法によって、借りられる金額は異なるため、目安の金額となります。

雇用形態によっては、それよりも金額が低くなるケースもあります。

H3:転職直後の相場は10万円

転職直後は、収入が不安定と判断されやすいです。特にパート、アルバイトの場合は、お金を貸す側は慎重になるでしょう。

転職直後にお金を借りる場合、金額を低めに設定されるケースが多く、10万円程度が相場となります。もちろん、金融機関、審査基準によって異なるので一慨には言えないですが、転職前と直後では借りられる金額に数十万円程度の差が生じるでしょう。

収入が安定しているとみなされるにはどのくらいの期間働くべき?

お金を借りる予定がある場合、どのくらいの期間働く必要があるか気になる方もいますよね。基本的にカードローンの審査に関しては、1年間継続勤務していると、収入が安定していると判断される傾向にあります。

金融機関によっては、勤続年数を条件として定めているケースがあります。2年以上勤続年数が経っていれば、問題なくお金を借りることができるでしょう。

また、消費者金融は、基準が低いことが多いです。半年以上の勤続年数があれば、お金を借りられる消費者金融もあります。

転職活動中にお金が必要になったら困る理由

転職活動中にお金が必要になると、スムーズに借りられずに困るケースが多いです。

転職活動中は、安定した収入が証明できません。転職活動中にお金が必要になったら困る理由について詳しくご説明します。

仕事をしていないとお金を借りられない

無職で収入がない場合、金融機関でお金を借りることができません。お金を借りる際に最重要視されるのは、収入が安定しているかどうかです。転職活動中であったとしても、無収入の状態では返済能力がないとみなされてしまいます。

転職活動中はカードローンを申し込むこともできません。また、総量規制というのが消費者金融に定められてあり、年収の3分の1以上の金額は借りることができません。つまり、転職活動中無収入の場合、法律上借りることができなくなってしまいます。

公的機関に頼る場合は日数がかかりやすい

収入の安定が証明できない場合、金融機関でお金をスムーズに借りることができません。

どうしても困った場合に、公的機関に頼ることができますが、日数がかかるというのがデメリットとしてあります。

また、公的機関の場合は、転職活動が難しい方が優先させやすいため、審査に通りにくいです。手続きに日数がかかり、なかなかお金が借りられず、転職活動に集中できないという事態にもなります。

転職後にお金を借りるのはハードルが高い

転職後にお金を借りるのは非常にハードルが高いです。

転職活動中、もしくは転職直後にお金を借りる必要があると分かっているのであれば、前職を辞める前にお金を借りるのがおすすめです。

お金を借りる場合、辞める前が圧倒的に有利です。お金を借りる必要性が判断できない場合は、仕事を辞める前にカードローンを契約しておくと安心です。

また、転職前と直後では借りられる金額が異なります。高額な費用が必要な場合は、転職前にお金を借りておく必要があります。安心して転職活動ができるよう、辞めた後のお金の確保について考えておきましょう。