アイフルを実際に使ってみた!けど…三井住友の方が良かった

アイフルの利用に踏み切れない理由は?

アイフルはテレビCMなどで知名度が高く、また唯一メガバンクの傘下に入っていないことでも有名な大手の消費者金融です。

ただ、消費者金融に対するイメージは「怖い督促が来たら嫌だなぁ。」や「金利が高そう」など良くないイメージを持つ方も多いと思います。

とは言え、アイフルの利用に関して言えば、あまり悪い評判はありません。

もしアイフルを実際に使ってみたいと考えるなら、メリットやデメリットをしっかりと確認した上で、利用するかしないかを決めることが大切です。

アイフルの使い勝手を知るなら口コミを利用しよう

アイフル自体の評判は悪くないとはいえ、実際に使ってみた人たちの意見を知るためには、口コミの利用がおすすめです。

以下に、アイフルに寄せられた悪い口コミや良い口コミをご紹介します。

アイフルの悪い口コミは?

1. 即日融資が出来なかった

「審査には通ったので安心していたのですが、説明が丁寧過ぎてすごく長く感じました。アイフルがそれだけ審査に重きを置いているせいだと認識していても、それでも対応が長すぎる印象はあります。

即日融資ができるからとアイフルを選びましたが、説明が長すぎたせいか、融資まで3日かかりましたので、即日融資を本気で考えているならアイフルは向いていないと思います。」

2. 在籍確認で同僚に不審がられた

「消費者金融に申し込みをすると、必ず在籍確認がされるのは仕方のないことだとわかっていても、オペレーターの方は職場にバレないようにと配慮してくれたのですが「職場にわからないようにお電話します。」と言っていたのに、苗字だけを名乗ったとしても、やはり在籍確認があることで同僚に不審がられました。

できれば在籍確認のない消費者金融にしておけば良かったと後悔しました。」

3. 希望金額と違った

「審査に無事通過したので安心していましたが、希望金額よりも安い価格で査定されてしまいました。アイフルには恐らく独自の審査基準があるだろうとは思いますが、お金を借りる時は必要で借りるわけですから、少なく見積もられてしまうと利用するメリットがありません。結局残りの金額の調達をする羽目になり、希望金額と違ったのが残念です。」

4. 返済が大変だった

「自分の借り方が不味かったのかもしれないですが、実際にカードローンを返済する際に、思ったよりも返済が大変で、毎月1万円ずつ返済していても、完済まで1年ほどかかりました。

やっぱり借りる時には、金利が大事だなぁと感じました。カードローンの金利は銀行に比べると割高なので、手軽に借りられるという点は良く思えますが、実際に返済する時には苦労しました。」

悪い口コミをまとめてみると、即日融資が出来なかったことや、在籍確認でローン使用がバレてしまった、希望金額を借りることが出来なかった、金利が高かったなどの声があります。

在籍確認はどうしようもない一面もありますが、一部の消費者金融では書類で在籍確認をしてくれる会社もありますので、もしアイフルを実際に使ってみて在籍確認が煩わしいなら、モビットなどを利用するのも一つの方法です。

アイフルの良い口コミは?

1. 知名度があって安心できた

「まずテレビCMでも好印象を感じたアイフルなら、安心して借りることが出来るだろうと申し込んでみました。契約の際にはネットを使い、仮審査を受けた後、すぐに審査通過のメールが届きました。

その後無人契約機を使い、必要な書類を持参したら、とても簡単にカードを手に入れることができ非常に満足しています。」

2. 最短1時間は本当だった

「当方フリーターだったため、銀行のカードローンを借りることが出来ずに苦労していました。そのため、消費者金融で借りるしかないと覚悟していましたが、実際に使ってみると審査や借入までが非常に早く、借りた金額も10万円と少な目だったせいか、カードの発行もスムーズでした。

1時間で融資可能の言葉に嘘偽りはなく、本当にたった1時間で融資が完了したので助かりました。契約も無人機を使い、アナウンスに従うだけだったのでとても気楽にできました。」

良い口コミをまとめてみると、審査が早く、即日融資が出来たとの声があります。

テレビCMで知名度の高いアイフルは、良い評判もあり、安心して借りられるイメージも強いです。

ただ、悪い口コミも参考にして、アイフルは本当に使い勝手が良いかの確認を忘れないようにしてください。

アイフルの利用の手順【ネット申し込み編】

アイフルでお金を借りる方法は「ネットから申し込み」「無人契約機からの申し込み」「店頭の窓口からの申し込み」「電話での申し込み」の4種類があります。

今回は、一番簡単で効率的とされる「ネットからの申し込み」の手順の流れをご紹介します。

ネットからの申し込みと融資までの流れ

1. アイフルの公式サイトから「今すぐお申込み」ボタンをクリックします。

2. 画面の指示に従い、必要情報を入力していきます。

3. 入力を終えたら、間違いがないか再確認し、申し込みを完了させましょう。

4. 必要書類を提出します。

5. アイフルでの審査が開始されます。

6. 職場に在籍確認の電話がかかってきます。

7. 審査結果の回答が届きます。

8. 審査に通ったら、送付されたメールから契約手続きを始めます。

9. 契約手続きはこれで完了です。

10. 振込融資かアプリからの融資を実行すれば、無事借り入れが出来ました。

アイフルでネット申し込みをするメリット

アイフルでネット申し込みをした場合に生まれるメリットは、以下のようなものがあります。

● スマホの公式アプリが便利で使える点

● 365日24時間の申し込みが可能な点

● 利息無料期間(30日間)を利用できる点

● 申し込みから融資までの流れがスピーディーな点

アイフルでネット申し込みを利用する際には、注意点もありますのでご紹介します

アイフルネット申し込み時の注意点

● 申込内容に記載漏れがあると審査が止まってしまう

● 必要書類は写真を提出する必要があるのでスマホにカメラ機能が必要

● 振込融資を選んだ場合、明細書が郵送されてしまう

ネット申し込みの場合、ついつい面倒だからと振込融資を選んでしまうことも多いですが、明細書が郵送されてしまうと、家族にローン使用がバレてしまうことがあります。

1人暮らしなら問題はないですが、家族にバレたくないのなら、スマホのアプリを使ったカード融資を使うか、無人契約機を使ってカードを発行するようにしましょう。

個人的には三井住友の方がおすすめな理由

三井住友銀行と言えば、日本の三大銀行の一つとして有名ですが、カードローンを利用する際に「審査が甘いか厳しいか」が問題になります。

結論から言ってしまえば、三井住友銀行の審査は厳しいと言ってよいでしょう。

それでも三井住友の方がおすすめな理由は、メリットがあるからです。

● 口座を持っていなくても申し込みができる

● ネットバンキングを経由すれば、キャッシュカードで簡単に借り入れができる

● 提携ATMが無料で使える場合が多い

● 自動融資を使えば、好きなタイミングで融資を受けられる

三井住友銀行で一番嬉しいポイントは、提携ATMの手数料が無料である点です。

大手のコンビニ(セブンイレブンやローソンなど)のATMも手数料が無料ですし、郵貯のATMでも手数料無料でキャッシングができます。

消費者金融の多くは、店舗内のATMでしか手数料が無料にならないことが多いので、コンビニATMは無料で利用できる点がおすすめの理由になります。

アイフルを実際に使ってみた方の口コミの中には、ATMの手数料がかかると言う悪い口コミがありましたが、三井住友は無料でできるので個人的におすすめです。

アイフルよりも三井住友の方が良かったと思える瞬間

アイフルは評判自体悪くないのですが、やはり悪い口コミで見てみると、金利の高さやATM手数料がかかる点、即日融資が出来なかった点などはデメリットです。

三井住友銀行では、ATM手数料がかからないので、返済金額がかさむ心配も少ないです。

もし実際にアイフルを使ってみて不満を感じた時は、三井住友銀行なども利用して、できるだけ早く返済のできる方を選んでみましょう。