アコム 実際に使ってみた!けどプロミスの方が良かった…

アコムの利用がおすすめなのはどんな人?

消費者金融のカードローンと言えば、アコムを思い浮かべる人も多いでしょう。

アコムが利用されているのは、他のカードローンと違い、年収の制限が緩めなことです。

例えば、以下のような人がアコムに向いています。

● 学生で収入がない人

● 即日でお金を借りたい人

● アルバイトかパートで収入を得ている人

アコムでは、楽天銀行の口座を持っていれば、24時間いつでもお金を借りることができます。

もちろん楽天銀行の口座開設にはお金がかかりませんので、安心してください。

審査に落ちたら仕方ないですが、審査に受かってカードを作ることが出来たら、即日にお金を借りることもできます。

ちなみに、限度額などはこちらを参考にしてください。

借入限度額 800万円まで
審査に要する時間 最短で30分
融資にかかる時間 最短で1分
金利 3~18%

この表からもわかる通り、お金がすぐに必要な場合は、スピーディーに融資が受けられるため大変便利です。

また、アコムは消費者金融ですので、借入限度額が年収の1/3までとなっているのは注意が必要です。

学生でもパートタイマーでもお金を借りられるのがポイントですが、無職の人や専業主婦は利用できない点も注意しましょう。

アコムでバイトが借りた時の手順

アコムは、アルバイトやパートでも申し込めるのがメリットですが、実際に借りることができた手順を以下にご紹介します。

申し込み資格について

アコムのサイトを確認してみると、申し込み資格について「20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たす方」との注意書きがあります。

これだけを見ると、アルバイトやパートはローンを組めないのでは?と思うかもしれませんが、実際にアルバイトやパートであっても、年収がある程度あれば審査に通る可能性はあります。

問題は継続してお金を払えるかどうかなので、年収が100万円ほどだったとしても、長く働いていさえすれば、支払い能力があるとみなされます。

ただ、こちらも単純に継続期間だけでは審査されないようで、実際勤続期間が1月しかなくても通る場合もあります。

他にも、他社で返済を延滞していた場合であっても、金融事故を起こさない限りは審査に受かることもあります。

アコムでは上記以外にもあらゆる方面で審査がされますが、他の消費者金融に比べると審査基準は緩めです。

逆に基準が明確ではないため、年収がいくら多くても、勤続年数が長くても審査に落ちる可能性があるので、一口に良いか悪いかは微妙な所です。

実際にアルバイトが借りられた金額は?

アルバイトの場合年収が低いため、借入限度額も50万円程度に留まります。そのため、金利の上限金利の18%が適用されることが多く、アコムでは簡単に借りられる反面、金利は高めと思って良いでしょう。

結局アルバイトがアコムから借りられたのは、年収の1/3(年収が100万円と仮定します)にあたる33万円まででした。

アコムが必要になった実例3選

アルバイトでアコムが必要になった実例を3選してご紹介します。

1 年収100万円のOさん

「引っ越しの予定があり、資金が足りなくなったので、カードローンを考えました。どこにするか迷いましたが、CMでの知名度もあったアコムを選びました。まて店舗が自宅近くにあったのでアコムを利用することに決めました。」

2 年収160万円のHさん

「夫が個人事業主で、収入が減った時期にちょうど出費が重なり、カードローンの利用を考えました。アコムを選んだのは、一番先に思い浮かんだ会社だからです。」

3 年収400万円のSさん

「他社で返済が滞っていたこともあり、生活費も不足していたため、借入できる会社を新しく探していました。実はアコム以外にも複数の金融会社に申し込んでいたのですが、即日借り入れできるのがアコムしかなかったため、結局アコムで借りることにしました。」

年収400万円のSさん以外は、CMや知名度で選んだようですが、本当なら知名度以外でも金利や利便性なども選ぶ基準になります。

確かに、アルバイトでもお金を借りることはできましたが、実際に借りられる金額は少なめなので、少しいまいち感は否めません。

アコムがいまいちな理由

アコムがいまいちと感じる理由は、プロミスと比べてみると良くわかります。

以下に、いまいちな理由をいくつかご紹介します。

審査通過率が低い

アコムは、アルバイトなどでも借りることが出来る反面、明確な基準が明かではないため、何が悪くて審査に落ちたかがわからないというデメリットがあります。プロミスと比べてみても、微妙な違いではあるものの、審査通過率はプロミスの方が高いです。

年収は基本的に高くないと審査に落ちる

またアコムとプロミスを比べてみますが、例えばアコムでは、年収が378万円だと仮定し、プロミスの方は、年収が359万円と仮定します。

年収の差は20万円ほどですが、アコムでは20万円の差であっても、審査に落ちることがあります。

ただし、上記でもご紹介しましたが、年収が100万円のアルバイトでも審査に受かることもあり、年収だけでは判断できないのがアコムのデメリットと言えるでしょう。

勤続年数も関係している?

気になる項目ですが、審査項目には勤続年数も関係してきます。アコムでは審査を通過するためには勤続年数が相当量必要です。

一方プロミスでは、勤続年数がアコムより少ない場合でも審査に受かる可能性があります。

こちらも上記でご紹介しましたが、アコムであっても勤続年数が一月のアルバイトが審査に受かった例もあります。

アコムでは、年収や勤続年数はもちろん、総合的に審査をするため、審査基準は他の金融会社よりも厳しめです。

それなのに、アルバイトが受かる可能性もあるとのことで、審査に受かるための基準がわかりづらいのもアコムが大きな特徴ともいえます。

アコムを使うならデメリットも知っておこう

アコムを使う時には、デメリットも知っておくと、他の金融会社との比較もしやすいです。

アコムでのデメリットを簡単にご紹介すると、以下のようになります。

● 年収の1/3しか借りることが出来ない点

● 無利息の期間が始まるのが契約の翌日からである点

● ATMを使用する際に手数料がかかる点

● 金利が高く設定されている点

デメリットを踏まえた上で、どうしてもアコムしかない場合には利用してみましょう。

個人的にはプロミスがおすすめ!

アコムにはメリットもありますが、個人的にはプロミスがおすすめです。

なぜなら、プロミスは、初回の金利がアコムよりも安く設定されているからです。

ちなみに、アコムの金利は「3~18%」、プロミスは「4.5~17.8%」となっており、下限金利だけを見ればアコムの方が安く思えますが、初回の場合は上限金利が適用されることが多いため、上限金利の安いプロミスの方が安く借りることができます。

プロミスにはポイントサービスがある点も魅力で、ネット上のさまざまなサービスを利用してポイントを貯めることができ、そのポイントを無利息サービスに充てることも可能です。

また、プロミスにも利息が無料にあるサービスがありますが、アコムが契約の翌日なのに対し、プロミスでは借入した翌日から無料になる点も大きな違いです。

そのため、もし初めてお金を借りるのなら、個人的にはプロミスをおすすめします。

アコムは使い方によっては魅力もある!

アコムで実際に使ってみると、アルバイトでも審査に受かる可能性があることと、即日融資が可能な点は魅力と言えるでしょう。

ただ、口コミの中には「即日融資と謳っていたのに借りられなかった。」や「審査基準がさっぱりわからず、落ちた理由もわからない」との声もあります。

個人的にはアコムよりもプロミスをおすすめする理由は、初めてのカードローンにぴったりのサービスが多いからです。

もしアルバイトでもカードローンを組みたいなら、アコムを利用するしかないですが、それ以外の場合ならプロミスを使った方がより安心でしょう。