在籍確認が怖い?誰にもバレずにお金を借りたい?そんな時は…?

在籍確認は回避できないの?

カードローンの審査では、年収や借入希望額以上に大切なのがこれから先お金を返していけるかどうかの確認があります。

消費者金融にしても銀行にしても、返せる見込みがない人にお金を貸すのは危険なので、審査では重視するポイントです。

その確認にあたるのが在籍確認で、中にはすでに退職しているのに勤務先を偽っている可能性もあるので、それを見極めるために仕事場に連絡が行きます。そのため、在籍確認なしでカードローンの審査に通ることはまずあり得ません。

ほとんどの金融機関では、在籍確認に電話を使いますが、職業によっても電話がかかって来る場所が違いますので、以下にいくつかご紹介します。

1 派遣社員の場合:派遣先ではなく派遣元の派遣会社に電話がかかってきます。

2 個人事業主の場合:申込書に書いた事務所の電話にかかってきます。

3 正社員の場合:申込書に書いた会社に電話がかかってきます。

4 在宅ワーカーの場合:登録している会社がある場合はその会社に電話がかかってきます。

5 アルバイトやパートの場合:申込書に書いた勤務先に電話がかかってきます。

基本的には在籍確認の電話は、職場にかかって来ますが、本人が出た場合は氏名と生年月日を聞かれます。

もしたまたま外出していた場合、他の人が電話に出る可能性もありますが、その時に本人が確かに働いていることがわかれば、それでも在籍確認は終了します。

プロミスやモビットなどの消費者金融の場合、会社名を出さずに個人名で電話をかけてくれるなどの配慮があるため、仕事先でカードローンの使用がバレる可能性は低いです。

申し込みの際に、個人名でと伝えておけば、金融会社もバレたくないことがわかるので、ちゃんと配慮してくれるので安心です。

在籍確認でカードローンがバレる原因は?

カードローンの利用がバレる原因としては、以下のようなものがあります。

● 同僚にローンカードを持っているのを見られた時

● 支払いが延滞してしまい、会社に直接連絡が来る時

● 給料の振込口座が差し押さえられた時

● 在籍確認の電話が会社にかかってきた時

在籍確認の電話は必要ですが、どんなに個人名でと金融機関が配慮してくれたとしても、個人から会社に電話がかかってくるのは不自然なのでバレることもあり得ます。

電話の内容自体は非常にシンプルで「××と申します。○○さんはいらっしゃいますか?」程度のやり取りで、本人が出た場合は本人に間違いない旨を伝えればOKです。

自分以外の人、例えば同僚が電話に出た時も、本人が出社している確認が取れれば、それで在籍確認は終了します。

普通に考えればバレる要素はないのですが、同僚などが電話に出て、勘の鋭い人だった場合「○○さん、お金借りたんじゃないの?」などと周囲に話されてしまうとアウトです。

会社に電話がかかってくる時間帯は予想がつかないこともあり、必ずしも自分が在籍確認の電話を取れるとは限りません。

ただ、これはあくまで極端な例なので、実際には消費者金融では会社名を名乗らないため、バレることは滅多にないので安心してください。

誰にもバレずにお金を借りる方法はある?

在籍確認の電話があることで、職場にバレてしまう可能性があると書きましたが、もし電話でバレるのなら、他の方法でも在籍確認をする方法があります。

方法はいくつかありますが、書類を使って在籍確認をしてもらうのが一番確実です。

もし電話以外の書類で在籍確認をする場合には、例えば以下のような書類が必要になります。

● 給与明細書

● 社員証

● 源泉徴収票

● 健康保険証

これらの書類があれば、書類からでも在籍確認は可能ですが、どの書類が必要になるかは金融会社によってまちまちですので、事前に確認しておきましょう。

書類で在籍確認が可能な金融会社一覧

在籍確認を電話ではなく、書類でもしてくれる金融会社は以下の通りです。

金融機関名書類での在籍確認の可否
プロミス 審査申し込み時に書類での在籍確認を依頼し、電話での要望がある場合には相談すれば可能なこともある。
アコム オペレーターに相談してみるとOKなこともある。
アイフル オペレーターに伝えるだけで書類での在籍確認をOKしてもらえる。
レイクALSA 電話以外は認められない。
SMBCモビット WEB完結を選んだ場合は、書類でもOK。
WEB完結にする場合には、ネットから申し込む必要あり。

この表からもわかる通り、モビットの場合は在籍確認が書類でもOKなので、もし書類で在籍確認をしたいなら、モビットを選んでおくと安心です。

もし電話での在籍確認を使わないで、カードローンのキャッシングをするなら、以下の手順で申し込んでみましょう。

1 ネットから申し込みます。

2 カードローン会社に電話を入れ、電話連絡なしにして欲しいとお願いする。

3 必要書類をカードローン会社に提出します。

4 審査完了したら、借り入れが可能になります。

消費者金融以外のカードローンを使う際の注意点

消費者金融では、会社によっては電話連絡なしで審査をしてくれますが、銀行のカードローンの場合は必ず電話での在籍確認が必要です。

申し込み画面には、もしかしたら「保証会社などから電話連絡がある場合があります。」などと書かれているかもしれませんが、これはほぼ在籍確認の電話と思って良いでしょう。

また消費者金融と違い、銀行のカードローンでは、銀行名を堂々と述べるので、バレないように配慮してくれる可能性は低いです。

もし会社にバレずにカードローンの申し込みをしたいなら、多少金利が高かったとしても、消費者金融の方が安全でしょう。

専業主婦は消費者金融を利用できない?

消費者金融のカードローンの場合、必ず返せる相手にしかお金を貸してくれないため、専業主婦が利用できないようになっています。

これは総量規制によるもので、専業主婦は働いていないため、そもそも在籍確認ができません。

そのため、専業主婦がカードローンを利用したい場合は、銀行のカードローンしかありません。

逆に言えば、会社に電話がかかることがないので、バレる可能性は低くなります。

もしかすると、家族が電話に出てバレる可能性はあるかもしれませんが、専業主婦に銀行から電話がかかって来たとしても、不自然な感じはないので、バレないように「保険の見直しの電話だった」などと言い訳すればOKです。

アリバイ会社を使うのは絶対にダメ!

会社への在籍確認を避けるために、仮想のペーパーカンパニーを使うのはNGですので、絶対にやってはいけません。

ペーパーカンパニーの場合、書類の発行や電話対応などを受け持ってくれるので、自分が働いているかのように偽装が可能です。

発行される書類の種類には「源泉徴収票」「給与明細書」などがありますが、実はペーパーカンパニーであっても作成権限があるため、偽装に使われることが多いです。

なぜ作成できるかと言えば、源泉徴収票や給与明細書などは私文書なので、公式の文書でないことで作成が可能だからです。

ただ、ペーパーカンパニーを運営する場合でも、登録費用などが5,000円から10,000円ほどかかり、サービス料金も5,000円ほどかかるので、維持だけでも大変です。

過去にペーパーカンパニーを利用して詐欺の罪に問われた事例もありますので、カードローンのためにペーパーカンパニーを使うのはNGと覚えておいてください。

もし在籍確認の電話をして欲しくないなら、上記でもご紹介したように、書類での確認方法もあります。

わざわざリスクを冒す必要はないので、ペーパーカンパニーなどで詐欺まがいの行為をしないように気をつけましょう。

在籍確認が怖い人はモビットがおすすめ!

在籍確認が怖い人は、まず銀行でのカードローンを利用しないことと、書類で在籍確認をしてくれる金融会社を選ぶ必要があります。

その点モビットなら、WEBで完結できるようにすれば、書類でも在籍確認をしてくれるのでおすすめです。

職場の同僚にカードローンの使用がバレてしまうと、職場の雰囲気にも影響しますので、在籍確認が書類でもOKな金融会社を使うと良いでしょう。