プロミス・モビット・三井住友銀行カードローン リボ払いと比べてみた

リボ払いってなに?

リボ払いは、カードローンやクレジットカードの返済方法の一つですが、普通の支払いとの大きな違いは一括ではなく分割で払う形式な点です。

例えば、5万円を一月に一括に支払うのが大変な場合、5回のリボ払いにすれば、一月の支払額は1万円ですみます。

リボ払いでは、支払い方法が「残高スライドリボルビング方式」となりますが、この残高スライドリボルビング方式は、さらに2つに分けることができます。

それぞれ以下に見ていきます。

元利定額方式とは

元利定額方式は、返済金額の中に利息(手数料)が含まれている支払い方法です。元金定額方式と比較すると、毎月の返済額が安くて済みます。
ただ、返済期間が長くなる傾向があるので、利息や手数料の負担が大きくなるというデメリットがあります。

元金定額方式とは

元金定額方式の場合、返済金額の中に利息や手数料が含まれるのではなく、上乗せされるタイプの支払い方法です。
毎月の返済額は、元利定額方式よりも高めになりますが、その代わり短期間で支払いを終えることができるので、利息や手数料の金額は低くなります。

リボ払いの場合、大抵の場合は、元利定額方式が使われますが、クレジットカードの種類によっては両方使うタイプもありますので、事前にどちらの方式なのかを確認しておくのがおすすめです。

プロミスとリボを比較

プロミスは消費者金融の1つですが、リボと比較してみると、支払い方法が似ています。

実際の所、プロミスはほぼリボ払いと同じ支払い方法が取られており、上記でご紹介した「残高スライド元利定額返済方式」が使われています。

残高スライド元利定額返済方式が使われていることで、毎月の支払額は一定となり、支払いが楽になります。ただ、リボ払いと同じ支払い方法であるということは、利息や手数料が発生することを忘れてはいけません。

残高スライド元利定額返済方式では、返済額は元金が先ではなく、まず利息分に充てられます。つまり、元金がなかなか減らず、支払いが苦しくなってしまうとのデメリットもあります。

ただ、残高スライド元利定額返済方式では、設定金額は最低返済の金額であるため、早く支払いを終えたいなら、余裕のある時に多めに返済すれば、早いうちに完済でき、結果利息もかさみません。 

最低金額だけ返済をしていると、いつまでも元金が減らず利息がかさんでしまうので、消費者金融でリボ払いをする時には、早めに返すことを念頭に置いた方がよいでしょう。

モビットとリボを比較

SMBCモビットでは、Tカードプラスを使えば、リボ払いも可能ですが、Tカードプラス単体で申し込むことはできません。

既にモビットカードを所持していることが前提で、Tカードプラスを申し込むことで、リボ払い対応となります。

なぜこんな仕組みになっているかと言えば、モビットカードとTカードプラスは、それぞれが違う会社で審査されるからです。

Tカードプラスを使えば、デフォルトの状態でリボ払いにすることが可能です。 もっと具体的に言えば、クレジットカードの初期の支払い方法にリボ払いが設定されています。

ただ、リボ払いではなく一括で支払いたい場合には、後で変更も可能なので、まず支払い方法には気をつけてみてください。

もしリボ払いが使いたい場合、最初からTカードプラスを申し込んだ方がお得にも見えますが、モビットの審査に通ったとしても、Tカードプラスの審査に落ちる可能性もあります。

中には、クレジットカードだけを解約したいと思う場合もあるでしょう。 前述もしたように、Tカードプラスは単独で発行不可なので、まずはモビットの審査を受けて、モビットカードを発行してから、Tカードプラスの審査を受けるようにします。

また、Tカードプラスには、すでにモビットカードと同じ機能が含まれているので、わざわざTカードプラスとモビットカードを持ち歩くのは、落とす危険を考えても止めた方が良いでしょう。

三井住友銀行とリボを比較

三井住友銀行では、3種類のリボで支払うことができます。
それぞれ3つの特徴を、以下にご紹介します。

あとからリボ

あとからリボとは、1回払い、2回払い、ボーナス一括払いから選ぶことができますが、実際に買い物などに利用してから、リボ払いに変更できます。
そのため、毎月の支払額が一定になり、支払いの負担率が低くなる支払い方法です。

マイ・ペイすリボ

マイ・ペイすリボは、買い物一回分の金額をリボ払いに変更できる支払い方法です。買い物一回分が自動的にリボ払いになるため、いちいち設定の手間もなく、一定金額を支払えばよいので、支払いの負担も減ります。

あとからリボの場合申請が必要なのに比べ、マイ・ペイすリボの場合は、自動でリボ払いに変更されるので、一括で払いたい場合は、マイ・ペイすリボは申請しない方が良いでしょう。

店頭でリボ払い

リボ払いの利用枠があることが前提になりますが、買い物をしたその場でリボ払いを選択することもできます。
事前にリボ払いの利用枠を申請する必要がありますが、ネットを通さない買い物であっておもリボ払いに変更ができます。

返済シミュレーションを比較

利息や借入額の返済シミュレーションを、プロミスとモビット、三井住友銀行カードローンで比較してみました。ぜひ返済時の参考にしてみてください。

返済シミュレーション【プロミス編】

まずは、返済金額のシミュレーションですが、プロミスのサイトにて自動で計算することができます。一例として、10万円を借り入れ、返済期間を12か月に設定すると以下のようになります。

借入金額 返済期間 金利(年率)
10万円 12か月 17.8%

この場合、月の返済額は、9,158円となります。

返済期間のシミュレーションも自動計算されるので、以下に一例をご紹介します。

借入希望額 毎月の支払額 金利(年率)
10万円 5,000円に設定 17.8%

この場合の返済期間は、およそ24か月となります。

上記でも触れましたが、プロミスでは「残高スライド元利定額返済方式」を取っているので、上記のような計算結果になります。

ご利用は計画的にと言われている消費者金融ですから、まずはシミュレーションを上手に使って、返済額の負担を減らしましょう。

返済シミュレーション【モビット編】

モビットも、公式サイトから、返済シミュレーションをすることができます。 例えば、毎月の返済額を知りたい場合は、以下のようにシミュレーションしてみましょう。

借入金額 返済期間 金利(年率)
10万円 12か月 18%

この場合、月の返済額は、9,167円となります。

返済期間を知りたい場合も、サイトのシミュレーション機能を使うと便利です。

借入希望額 毎月の支払額 金利(年率)
10万円 5,000円に設定 18%

この場合の返済期間は、およそ24か月となります。

返済シミュレーション【三井住友銀行編】

三井住友銀行もまた、他の2つと同じように返済シミュレーション機能があります。
ただ、リボ払いの返済シミュレーションをしたい場合は、登録が必要になるので注意しましょう。

例えば、毎月の返済額を知りたい場合は、以下のようにシミュレーションしてみましょう。

借入金額 返済期間 金利(年率)
10万円 12か月 14.5%

この場合、月の返済額は、9,002円となります。
返済期間を知りたい場合も、サイトのシミュレーション機能を使うと便利です。

借入希望額 毎月の支払額 金利(年率)
10万円 5,000円に設定 14.5%

この場合の返済期間は、およそ24か月となります。

どのカードローンの場合も、返済期間は同じですが、金利が違うため、月の返済額が変わってくることには注意しましょう。

リボ払いの場合は、お金がある時に一括で支払うことが可能ですが、カードローンの場合は一括で支払うことが難しいため、リボ払いには人気があります。

全般的に見れば、キャッシングが便利&お得

キャッシングの支払い方法などをご紹介しましたが、リボ払いではやはり利息が気になるところです。

ただ、リボ払いも上手に使えば、一定額の支払いで済むのでお得な面もあります。 もしお金に余裕があるなら、キャッシングでは一括返済をすれば、利息が付かず、支払いも一度に済むのですから、便利でお得なことは間違いないです。

リボ払いの落とし穴に落ちないように、状況に応じてキャッシングを利用してください。